集客を楽に

忙しさから解放されないタスク管理やっていませんか?

https://yururita.com

とくにビジネスを始めたばかりのころはやることが多いので、がんばり屋さんな人ほど「アレもやらないとコレもやらないと」と、どんどん自分を追い込んでしまう傾向にあります。

先日相談に来られた方も、「気づけばデスク周りが仕事のメモだらけになってしまうんです」と困っておられました。

私も昔は、使用済みのカレンダーを切って、その裏側にメモをしていたので、まさにデスク周りがメモであふれていました。

思いついたことや、ちょっとした用事などをすぐにメモして終わったらすぐに捨てたかったので、使用済みカレンダーを切ってメモ帳代わりにしていたんですよね。

ブログの記事にしたいことやメルマガで書きたいことなどもすべて、カレンダーの裏側に書いていたのでどんどんメモがたまっていったのです。

もしも私のように使用済みカレンダーを切ってメモ帳代わりにしていたり、付箋にやることを書いてデスク周りに貼っておくようなタスク管理をしているなら、毎日仕事しているはずなのにずっと忙しさから解放されませんよ!

メモがたまるというのは言い換えると、終わっていない仕事がどんどんたまっていると同じことなんですよね。

使用済みカレンダーを切ってメモ帳代わりにしていたり、付箋にやることを書いてデスク周りに貼っておくようなタスク管理は、目に見える形で仕事の終わってなさを痛感してしまうことになるのです。だからメモが散乱しているのを見るだけで疲れてしまうのですよ。

 

メモをするのは悪いことではなくむしろ大切なことなのですが、メモの仕方には十分気をつける必要があります。

仕事に関することをメモするなら、バラバラになる付箋や使用済みカレンダーを切ってメモ帳代わりにするのではなく、冊子になっているちゃんとしたメモ帳を使ったほうがいいですよ。

冊子になっていればデスク周りが散らかることもありませんからね。

スッキリしたデスク周りを見ると、計画的にものごとが進んでいるように思えますし、片付ける時間もいらなくなります。

それだけで忙しさに追われなくていいので、心もスッキリしますよ。

使用済みのカレンダーの裏側ってそのまま捨てるのももったいないですし、メモするのには便利ですよね。でも散乱しやすいので仕事用のメモにはオススメしません。

買い物のメモとか、すぐに捨てる予定のメモだけに使うようにするといいですよ。

-集客を楽に

© 2022 カキカタ